お祝いの花として人気急上昇のプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、生花と同じ美しさを持ちながら、それよりも優れています。
お祝いの席で欠かせない花に、最近この新しい花が用いられることが増えてきました。
宣伝によって知名度がようやく上がってきたようですが、それでもまだこの花を知らない方のためにご紹介をしたいと思います。


まずは人気ある店でプリザーブドフラワーを見る

見た目は生花とほとんど変わりありません。
まずは、ネットの専門店でプリザーブドフラワーの写真を見てみましょう。

【こちらもチェック♡専門店で人気のハイヒールデザイン

これまでの造花やドライフラワーとは違ってうるおいがあり、間近で見なければ生花と見分けが付かないことがわかります。
ただし、保存液を効率よく染み込ませるために茎の部分は切り取ってしまうものがほとんどなので、長い花束のような商品はあまり見られないでしょう。


お祝いの花にぴったり

手荒に扱わないで放置していれば、3~5年はもつと言われています。
花をもらったときは、花瓶を用意しないとその日のうちに枯れてしまうものですし、たくさんもらうと処理が大変です。
プリザーブドフラワーなら水も日光も要らずに保存できるので、たくさんもらっても大丈夫です。
ですから、お祝いやお見舞いの花にとても向いています。
プリザーブドフラワーのことを覚えたのを機に、人気店の通販を利用してみましょう。

お店や商品選びはこちら↓
プリザーブドフラワー通販(プリザーブドフラワーを情報検索サイト。希望に合わせて商品を検索することができ、商品を取り扱う店舗の情報も調べられます)