プリザーブドフラワーの購入を迷っている方へ

プリザーブドフラワーの購入を渋っているかたのほとんどの理由は、プリザーブドフラワーのことをよく知らない。またはドライフラワーや造花などの他の種類のお花との違いを知らない、わからないので買っていいものか迷ってしまうという理由だと思います。
プリザーブドフラワーはフランス生まれの、生花に特別な加工を加えたお花で、ドライフラワーなどとは違います。
ドライフラワーは極端に言ってしまえば乾燥させるだけで完成ですが、プリザーブドフラワーは一度専用液につけることで、花の香りや色を落としてから、そのあと染色液につけて人間の手で色付けがなされます。
なので自然の色合いではなくなってしまいますが、ドライフラワーと違いみずみずしい潤った姿を保つことができます。

【こちらもチェック♡デザインに迷ったらまずは基本のハイヒール


■プリザーブドフラワーならきれいなまま数年保つこともできる■

上手に保存できた場合に限られてしまうのですが、生花と遜色ない姿のまま数年飾っておけると言われています。生花と比べてお値段が少し割増になってしまうのですが、この飾れる年数を考えれば納得できるのではないのでしょうか。
高温多湿は避け、直射日光にも当たらない日陰に置いておけば、長く持つと言われていますよ。ぜひ人気ある店で、プリザーブドフラワーのを買ってみましょう。