プリザーブドフラワーが欠けてしまったらどうする?

プリザーブドフラワーというお花は新しい技術で樹液やお花に含まれるものを一度すべて抜き取り、特殊な加工を行ったお花のことをいいます。アレンジメントなどでも人気ある店が徐々に増えていますし、ギフトとしての注目も集め始めているそうです。


■プリザーブドフラワーはアレンジが効くもの■

プリザーブドフラワーは生花と同じように、花弁が柔らかく、か弱い質感をそのまま保っています。ただし、樹液など花弁が萎れてしまう原因となるものを抜き取っているので、そのまま長い期間、飾って楽しめるというものです。しかし、湿気などで花が傷む、乾燥で花弁の先端など弱い部分はかけてしまう可能性もあるそうです。

【こちらもチェック♡プリザを綺麗なまま楽しめる時計デザイン

この場合、そのお花を、自分でアレンジメントすることができます。


■はさみで切る、抜いて新しいものをくわえるなど■

花弁が欠けている場合には、花弁の形にあわせてカットすることもできます。少しずつはさみを入れて、花弁を丸く加工していきましょう。真ん中が深く割けたという場合にはハート型などの形に切ってあげることで、花弁を小さくしなくて済むそうです。色移りなどの場合は、健康なお花に影響が出ますから、すぐに抜き取ってしまいましょう。代わりのオーナメントなどを購入して、再アレンジが可能なお花のアレンジメントというのも、プリザーブドフラワーの魅力といえます。