Primary Menu

プリザーブドフラワー通販人気店サーチ

プリザーブドフラワーをギフトなどでもらう、相手にプレゼントとして贈る人が増加傾向にあると言われています。そのためトラブルが起きたときの対処法として、ダメになったお花を抜いて、新しい飾りをさしてみましょうという、オリジナルアレンジを加える方法が増えています。


プリザーブドフラワーアレンジは360度から確認

多くのお花のアレンジがそうなのですが、正面ばかりにこだわると、後ろから見たときに、断崖絶壁となってしまい、全体的に立体感のないアレンジになってしまいます。そこで、お花を抜いてプリザーブドフラワーなどの新しいものを足すときには、正面だけでなく、後ろから、横からも、お花の角度を確認しましょう。またプリザーブドフラワーの刺さっている下の方がスカスカになっていると不恰好になりがちです。


お花は前向きに、立体的に

人気ある店などで購入している場合、アレンジメントをゼロから生け花のように作るわけではないですから、バランスがとれていれば突拍子もないことにはなりませんが、意識しておきたいのは、立体造形物のアレンジメントであることといえます。プリザーブドフラワーのお花は正面方向を前に、前向きになるべくさすこと、後ろから見たときにも丸みのあるものになっていること、お花の足元に大きく隙間がないようにしましょう。

皆さんは、プリザーブドフラワーを選ぶ時ってどこに注目をしていますか?
ほとんどの人達がそのお花に注目していると思うんですよね、お花の色とか見た目とかそういうところに注目していませんか。
でも、本当の良さと言うのはお花だけではなくて、それが飾られている入れ物を含めてだと思うんですよね。
入れ物が変わってしまえば、そのお花の印象もまただいぶ変わってくるのではないかと。


■自分でプリザーブドフラワーを作ろう■

自分でプリザーブドフラワーを作ることも可能なので、人気のある店で花材や入れ物を購入してみませんか?
また、花材はこのお店で購入して入れ物はちゃんとした専門店で探すというのもいいと思いますよ。
お花だけではなくて、その入れ物にもこだわりをもって自分だけのプリザーブドフラワーを作ってみましょう。
入れ物をちょっと変えてあげるだけで雰囲気が変わるので、入れ物を選ぶ時は楽しみながら探してみて下さいね。


■写真を撮ろう■

自分でプリザーブドフラワーを作ったら、写真を撮っておくことをおすすめします。
また同じものを作りたくなった時に役立ちますし、同じものを作ってしまわないように気を付けることも出来ますからね。
写真を撮っていくことで、最初の頃と比べることも出来ますから、すごくいいと思いますよ。