ブライダルはブルーのアレンジメントがいい?

結婚式で花嫁さんが身に着ける4つのもの、サムシングフォーをご存知ですか?この4つを身に着けて式を行うと幸せになれるという言い伝えのあるもので、ウエディングのギフトでプリザーブドフラワーなどのお花をプレゼントするときにも、このサムシングフォーにあやかるものがあるそうです。


プリザーブドフラワーでサムシングブルーを

プリザーブドフラワーで結婚式のアレンジメントというと、真っ白やピンクなど柔らかさとかわいらしさのある色を選ぶ人も多いかと思います。もちろん、人の心にあたたかさを運んでくれるピンクや白のアレンジメントも非常に素敵ですが、もしもお店にあれば、ブルーの混ざったプリザーブドフラワーを選ぶのはいかがでしょうか?人気ある店では、お花の追加などのアレンジメントも行っている可能性があるそうです。これはサムシングブルーという、何か青いものを身に着ける、というサムシングフォーのうちの1つです。


古いもの、新しいもの、借り物、青いもの

サムシングフォーとは、何か古いもの、新しもの、借りたもの、青い色のもの、の4つとなっていて、昔から花嫁さんが式で身に着けると幸せになれるという伝承があります。昔はこの青いものは下着など見えない部分に着けたそうですが、今はアクセサリーなどでブルーを使うこともあるそうです。ウエディング用のアレンジメントでは、最初からブルーが入っているものもあるそうですよ。

Posted in プリザーブドフラワー 人気ある店

プリザーブドフラワーをアレンジするときのコツ

プリザーブドフラワーをギフトなどでもらう、相手にプレゼントとして贈る人が増加傾向にあると言われています。そのためトラブルが起きたときの対処法として、ダメになったお花を抜いて、新しい飾りをさしてみましょうという、オリジナルアレンジを加える方法が増えています。


プリザーブドフラワーアレンジは360度から確認

多くのお花のアレンジがそうなのですが、正面ばかりにこだわると、後ろから見たときに、断崖絶壁となってしまい、全体的に立体感のないアレンジになってしまいます。そこで、お花を抜いてプリザーブドフラワーなどの新しいものを足すときには、正面だけでなく、後ろから、横からも、お花の角度を確認しましょう。またプリザーブドフラワーの刺さっている下の方がスカスカになっていると不恰好になりがちです。


お花は前向きに、立体的に

人気ある店などで購入している場合、アレンジメントをゼロから生け花のように作るわけではないですから、バランスがとれていれば突拍子もないことにはなりませんが、意識しておきたいのは、立体造形物のアレンジメントであることといえます。プリザーブドフラワーのお花は正面方向を前に、前向きになるべくさすこと、後ろから見たときにも丸みのあるものになっていること、お花の足元に大きく隙間がないようにしましょう。

Posted in プリザーブドフラワー 人気ある店

プリザーブドフラワーの手作りキットを試してみよう

プリザーブドフラワーはプレゼントなどで人気ある店の商品を購入するというイメージが強く、とても自分で作ることができるようには思えないかもしれませんが、お花を一輪ずつ組み立てていくものです。そのため、一輪挿しのものなどは初心者用のハンドメイドキットとして売っているお店もあります。


プリザーブドフラワーアレンジメントを楽しむ

プリザーブドフラワーの初心者向けキットでは、まず一輪の薔薇の花を作るものが多いそうです。お花の数が増えるだけ、作業も増えることとなります。そのため、アレンジメントを扱っているお店でも、お花の数が多い商品ほど値段が高くなる傾向にあると考えることができるそうです。また小さなお花をたくさん飾るアレンジメントでは、奥行など正面以外の見栄えにも気を配る必要があります。


3000円くらいから購入できる

初心者用ハンドメイドキットも、安いものなら3000円くらいです。プリザーブドフラワーアレンジメント商品も、プレゼント用で人気の高いものの値段が2000円から3000円と言われていますから、自分の作ったものをプレゼントするというのも、記念日などにはいいかもしれませんよ。市販のアレンジメントを利用する場合にも、プリザーブドフラワーを飾るケースをデコレーションして渡すなど、商品以外でアレンジが効くのもうれしい特徴となっているそうです。

Posted in プリザーブドフラワー 人気ある店

プリザーブドフラワーでできる和のお花

プリザーブドフラワーでは薔薇やガーベラ、ひまわりなど洋の花のイメージが強くあります。しかし、最近では和のお花も作られるようになっているそうです。人気ある店では、和のアレンジを行っているところも少なくなく、人気ある店ではちりめん生地のリボンなどがセットになっていることもあります。


プリザーブドフラワーに多い菊の花

プリザーブドフラワーのアレンジメントで多く利用される和のお花には、小毬になっている菊の花などが挙げられています。仏花でも利用されるもので、丸い形の菊などとカスミソウなどをあわせたアレンジメントがメインなのだそうです。このような和のお花を使って、白無垢にあわせた和風のブーケの制作を行っているお店もあります。


帯留めやヘッドピースに活用することも

着物や和装にあわせる場合、アクセサリーとして薔薇のお花を活用することもできます。特に帯留めではアレンジメントの色などを活かして、本物の薔薇を使ったような帯留めをデザインされることもあるそうです。色も紫やブルー、イエローなどがありますから、洋装とは一味違うパーツが多く、ヘッドピースなどでも、シックな色の菊を利用することで、和装にあわせるそうです。


着物に合わせるときは着物の柄の色をチェック

和装にあわせるアクセサリーだと、色選びで悩むかと思いますが、これは着物の柄に入っている色を選ぶとスムーズにいくそうです。浴衣なども同じで、ベースの色にどのような模様があるかで決めます。金魚であれば赤、バタフライなどで幻想的な色を使っているのであれば、和装ではあわせにくいピンクや紫などもサラっと着こなせる場合がありますから、和のプリザーブドフラワーこそ、普段使わない色を使うチャンスかもしれませんね。

Posted in プリザーブドフラワー 人気ある店

プリザーブドフラワーは風水に利用できるの?

プリザーブドフラワーの人気ある店では、風水特集などが組まれることもあるそうですが、風水では生きた気を利用するという観点から、ドライフラワーはあまり好まれないと言われています。では、お花を一度加工したプリザーブドフラワーは風水に利用するときに気を付けるポイントはどこにあるのでしょうか?


プリザーブドフラワーもメンテしてあげる

ドライフラワーが風水で利用されないことに、死んでいるお花という認識があるためと言われています。風水などで重視されるのは、生きているお花の新鮮な気と言われるそうですが、これはお花のお水をマメに変える、その周りを清潔に保つなど、お花のもつ効力だけではない、お部屋をきれいに保つという点が考慮されていると考えられます。そのため、プリザーブドフラワーを風水に利用する場合にも、部屋の見えない部分も綺麗な空間に保つ、空気をきれいにするなどの観点を大切にしたら大丈夫といわれるそうです。


お部屋が活気づく色を

方角によって、場所によって色が大切になると言われています。またトイレなどは悪いものを流す場所として考えられるので、蓋をマメに閉めるほうがいいという考えや、生きた花を置いてあげることで、フォローするという考えがあるそうです。そこでプリザーブドフラワーを使うときには、ケースや花器にほこりを貯め込まないこと、傷んでしまったものを放置しないなどの心遣いを大切にしましょうというものが多いといわれています。

Posted in プリザーブドフラワー 人気ある店